商標 <ネーミング~出願権利化>

商標は、自他商品の識別、品質保証、広告宣伝等、消費者の購買行動を促すにあたり重要な機能を有し、自社ブランドを権利として保護するために必要不可欠なものです。貴社のユニークなブランドを保護するよう尽力いたします。

商標出願の流れと各サービス

ネーミング作成ご相談、商標調査

ご相談にあたっては以下情報をご提供ください。
ご提供頂いた情報に基づいて、出願可否等を検討させて頂きます。

  • 商標(文字、ロゴ、図形など)
  • 商標を利用する商品又はサービス
  • 事業内容

特許庁への出願

ご依頼頂く内容に基づいて、特許庁への出願をいたします。出願完了後、弊所からお客様に出願のご報告をいたします。
このタイミングで、出願までの費用をご請求させて頂きます。

実体審査への対応(拒絶理由への応答等)

審査請求後、特許庁から拒絶理由が通知された場合に、意見書での反論や、補正書でのクレーム内容の補正をいたします。
本対応については、特許庁への応答後、応答内容のご報告と費用のご請求をさせて頂きます。

特許庁審査における査定

特許庁審査による査定は、①特許査定(権利化OK)、②拒絶査定(権利化NG)の2つです。
特許査定の場合は、その旨をお客様にご連絡の上、登録料を特許庁へ納付後に、その報告と費用のご請求をさせて頂きます。
拒絶査定の場合は、対応が多岐に渡りますので、その際に応答内容のご相談をさせて頂きます。

特許査定

特許庁にて、拒絶理由が無い、又は解消されたと判断された場合は、登録査定となります。
この場合、特許庁から特許査定謄本が出願人(代理人)に送達され、登録料を納付することで商標権として登録されます。

拒絶査定

登録査定とできない、つまり拒絶理由が依然としてあると判断された場合は、拒絶査定となります。
拒絶査定に対しては、拒絶査定不服審判の請求といった対応があります。
権利化が厳しいとの判断の場合は、拒絶承服(権利化断念)といった選択もあり得ます。

料金表

項目特許庁料金(税込)弊所費用(税抜)
文字商標調査 ¥50,000
図形商標調査 ¥80,000
出願書類作成・庁提出¥3,400\30,000
 -1区分あたりの加算¥8,600\20,000
拒絶理由応答(意見書) ¥50,000
拒絶理由応答(補正書) ¥30,000
登録料(1区分あたりの加算額)¥32,900¥10,000
登録査定時成功報酬 ¥30,000
4年目以降更新料(1区分あたりの加算額)¥43,600¥10,000

(参考:特許庁HP_産業財産権関係料金一覧 https://www.jpo.go.jp/system/process/tesuryo/hyou.html
※上表以外の手続きの場合、別途ご相談させて下さい。

ご相談は以下リンクからお願いします。