特許の活用について(愛媛の企業事例編) 

愛媛みかん
目次

特許を活用している愛媛の企業例

特許庁HP内「知的財産権活用事例集」の2014年、2018年版に愛媛の企業が3社紹介されており、それらの取り組み内容の概要を下記します。

(特許庁HP)https://www.jpo.go.jp/support/example/index.html
   ⇒「知的財産権活用事例集2018」について
   ⇒「知的財産権活用事例集2014」について

株式会社アテックス (愛媛県松山市)

会社概要

アテックスは、農業関連機械、省力化機械等を製造している企業です。健康器具の製造も手掛けており、電動マッサージクッション「ルルド」シリーズで有名です。
タイムリーな話題として、今年「健康経営優良法人2024」に認定されている地元愛媛の優良企業です。
(余談ですが、この会社の本店所在地は弊実家の近所なので、勝手に親近感を湧かせています)

企業サイト:https://www.atexnet.co.jp/.

事例集における特許活用のポイント

  1. 特許専任担当を配置して内製化
    特許専任担当の配置によるクリアランスの徹底、発明発掘~明細書作成の内製化;”弁理士に頼ることなく自らが行うという伝統” ⇒効率的かつ柔軟性のある業務展開や社内ノウハウの蓄積
  2. 特許出願とノウハウの区別の明確化
    創出された発明について、特許出願するかノウハウとして秘匿するか選別する ⇒オープン&クローズ戦略
  3. 発明報奨制度の整備
    ノウハウ含めた報奨金の評価制度の整備、実行 ⇒社内モチベーションの向上

株式会社日本キャリア工業 (愛媛県松山市)

会社概要

日本キャリア工業は、食品加工機械の開発設計、製販等を行っている企業です。
主な製品には、食品用スライサー、冷凍材をフレーク状に切削加工するフレーカー、チョッパー等があります。
特にマーケットインを意識した顧客ニーズに応えるオリジナリティ溢れる製品群で、確固たる地位を築いています。(余談ですが、この会社の本店所在地は弊事務所の近所なので、勝手に親近感を湧かせています)

企業サイト:https://nippon-career.co.jp/.

事例集における特許活用のポイント

  1. オンリーワン技術開発による差別化と周辺技術含めた特許による保護
    ニーズに寄り添った製品開発による”どこにもない機会を作る”、また回避技術まで先回りして検討、それらを特許化して保護する ⇒他に無い技術の基本特許+改良特許取得による迂回防止=王道の特許戦略
  2. 製造内製化によるノウハウ秘匿
    量産品とは異なり一品一品手作りのため内製化比率が高く、ノウハウとして秘匿できる部分が多い ⇒オープン&クローズ戦略
  3. 大手企業OBによる人材育成・内製化
    ”技術者が一番良く理解しているから、自分たちが明細書を書いた方が良いものができる”という理念の下、大手企業OBによる内製化+特許庁等の支援制度の活用 ⇒効率的かつ柔軟性のある業務展開+アウトソース

有限会社だるま製紙所 (愛媛県西条市)

会社概要

だるま製紙所は、厚紙の製造と雑草抑制のための芝生の吹き付け事業を行っています。
特に「センチピードグラス」という芝を用いた緑化技術が主力事業であり、水田の畦畔や道路法面などの除草作業を軽減する事業を展開しています。この緑化技術は2011年に特許を取得しており、農家等に高く評価されています。

(企業サイト:https://www.daruma-s.com/.

事例集における特許活用のポイント

  1. 異なる技術分野からの視点からのイノベーション
    既存事業である厚紙製造工程において生じた材料の貼りつき問題 × 農業経験のある経営者による知識 =貼りつき材+芝生種子による雑草抑制方法 ⇒新結合によるイノベーション
  2. 知財支援窓口による特許制度の充足的な活用
    上記雑草抑制に関する発明について、愛媛県知財総合支援窓口の活用による先行文献調査+国内優先権主張出願によるより有効な特許権の獲得 ⇒イノベーション×専門家活用による特許保護
  3. 農家等ユーザーへの展開と共同施工
    本技術について、全ての技術を開示しつつ共同で施工することで成功率を高めている ⇒オープン&クローズ戦略

さいごに

地元愛媛県においても優れた特許活用を実践している企業が複数確認できました。
いずれのメーカーも、地元企業ならではの独自技術を特許として保護するという王道を行きつつ、その事業展開にあたってはノウハウを秘匿するオープン&クローズとしており非常に勉強になります。
専門家として、関われるのであれば、是非このような会社に貢献したいという想いです。

一方で、特に地元松山市の2企業は、「特許関連業務を内製化」、「弁理士を頼らない伝統」とのことでした(泣)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次